声優のプロ|タレントになりたいならオーディションへGO|読モやダンサーになる
女性

タレントになりたいならオーディションへGO|読モやダンサーになる

声優のプロ

マイク

昨今のアニメブームの影響により、声優になって活躍したいと考えている人が増えています。プロの声優としてデビューするためには、民間の養成所や専門学校などに所属して必要な知識や技術を身につけ、「プロダクション」と呼ばれる事務所に所属して仕事を得ていきます。また、「声優アワード」と呼ばれる、優秀な人材を発掘するためのオーディションも実施されており、このオーディションに合格した人は、養成所へ特待生として入学できる他、授業料などがすべて免除になります。また、養成所を経ずにそのままプロダクションに入ることもあります。その他、声優のラジオ番組に出演できるなど、数々の特典があります。ちなみに、堀江由衣さんや矢作紗友里さんなど、現在アニメなどで活躍している人気声優にも特待生出身の人が多くいます。

養成所や専門学校を卒業し、晴れてプロ声優としてデビューした後も、決して安泰というわけではありません。声優の世界は決して甘いものではなく、プロとしてデビューした後、仕事を得るための「オーディション」を受けなければなりません。このオーディションは声優になる前に行われるものとは異なり、何年ものキャリアを積んだベテランが競争相手になることもあります。そのため、新しいアニメのキャラの声を決める際に行われるオーディションは、新人とデビューして10年以上経つベテランが同時にオーディションに出ることもあり得ます。オーディションに受からなければ仕事を得ることは出来ず、当然給料も出ません。声優は一見華やかなように思えて、デビュー後も厳しい現実が待っているのです。