オーディションを受ける|タレントになりたいならオーディションへGO|読モやダンサーになる
女性

タレントになりたいならオーディションへGO|読モやダンサーになる

オーディションを受ける

女性

声優はどんなに有名になっても、役を得るためには基本的にオーディションを通過しなければなりません。そのため、有名な声優さんが今期は多くのアニメに出ているのに来期は一本も出演がないということが起こり得ます。そのように、一本も出演出来ない時期もある声優さんたちは、どのくらいの出演料(ギャラ)をもらっているのでしょう。一般的に新人からベテラン、無名から有名な声優まで、アニメの役を獲得するにはオーディションが必要という部分では平等な業界ですが、ギャラとなると、やはり新人よりベテラン、無名より有名な方が高くなる傾向にあります。具体的には、ランク別にギャラが決められており、15000円〜45000円程度の範囲で遷移するようです。しかし、その枠を飛び出すほど有名な方は、自分でギャラを設定できるようですし、オーディションを受けずに依頼が来る場合もあるようです。ここまで有名になるまでは、地道にオーディションを受け、役があまり得られないうちは、アルバイトを掛け持ちする駆け出し声優も少なくありません。

声優になりたいという場合には、声優の専門学校に通って専門の訓練を受けて、オーディションを受けて採用されて初めて声優として働くことができるという大変狭き門です。その狭き門をくぐって初めて声優として働くことができますが、すべての人がスムーズにこのルートで声優になれるとは限りません。さらに、声優の仕事というのは俳優と異なり、仕事がずいぶんと限られていることに加え、すでに大御所と呼ばれる人たちが活躍する業界なのでオーディションを植えつけて上手く仕事を得られても、それが続くとは限らない世界です。オーディションを受けたり、訓練を受けるにしてもお金がかかります。オーディションを受けて受かっても後が続かない場合があります。